前へ
次へ

婦人科も鍼灸治療を利用

女性にとって月経不順や不妊など、婦人科の悩みは尽きません。ストレスや疲労などが不調につながることも多く、西洋医学ですぐに治るというものでもありません。また、長い間薬を飲んだりするのも心配です。そこで、婦人科でも鍼灸治療を平行して行うところが増えているそうです。鍼灸治療というのは副作用がないというのがいちばんのメリットで、特に婦人科のようにデリケートなことは得意だとされています。それに、婦人科を受診し続けることは女性にとってそれ自体ストレスになりかねません。「こんなに薬を飲んで体に影響はないだろうか」「妊娠したときに悪影響が出てしまわないだろうか」と不安に思いながらの治療も苦痛になりがちです。その点、東洋医学の鍼灸治療は体質改善というのがキモなので、体の冷えをなくしたり、自律神経を整えたりすることができます。「東洋医学だけでは科学的根拠が不安だ」という人は、西洋医学と連携して行っているところを選ぶといいでしょう。

Page Top